2015年12月26日

寿初春大歌舞伎のチケットGET

久し振りに1月に歌舞伎を見に行きます。
人気役者がそろい踏みなので、チケットは入手困難。
でも、後援会に入っていれば比較時取りやすいんです。

播磨屋の後援会なので、良いお席を取って頂きました。
とても楽しみです。

新春歌舞伎というと浅草ですが、歌舞伎座の場合
寿初春大歌舞伎と言います。

贔屓の播磨屋は十八番の石切梶原を演じます。
梶原平三は悪役が多い中、この演目ではヒーローです。
兎に角格好良い中村吉右衛門が見られるので楽しみです。

歌舞伎の良さは、ただ舞台を見るだけでなく、
建物そのものがまるでお祭りの中にいる様な雰囲気で、
来年は明るい幕開けになりそうです。

他にも義経千本桜や茨木も好きな演目なので
今からワクワクしています。

さて、幕間には何を食べようかしら。
posted by 黒子(ほくろ) at 20:43| Comment(0) | 幕間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

可愛らしい中村吉右衛門さん

舞台やテレビドラマでは力強い大きな男性を演じるのに、
実際の吉右衛門さんはとてもシャイで人見知り。

ぷーさんが大好きで、トム&ジェリーを好んで見たり
小さな子供みたいなところがおありなんですね。

役者としては厳しく後輩を指導し、ご自身は常に
素晴らしい舞台を魅せてくださるんです。
人間国宝としての役割をしっかり果たしておられます。

そのギャップが贔屓にはまたたまらないですね。

娘さんが菊之助さんと結婚してお子さんも二人。
贔屓としてはもう一人男の子を生んで頂き、
三代目中村吉右衛門を継いでくれたらなぁ・・・
なんて夢を見てしまうんですが、こればっかりは
神様の采配ですよね。

でも、夢を見るのは自由ですよね。
posted by 黒子(ほくろ) at 21:52| Comment(0) | 役者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

勘九郎の目覚しい成長

勘三郎さんが亡くなってから、急激に勘九郎が
父親に似てきたと思いませんか?

歌舞伎役者の不思議なんですが、みんな父親に
そっくりになっていくんです。
若い頃は「あまり似てないかも」と思っていても
年齢を重ねるごとに父親に似てくるんです。

歌舞伎ファンは、子役デビューからずっと
見守っているので、多少ミスをしても、スキャンダル
などの問題を起こしても、あまり気にしません。

むしろ、歌舞伎役者の場合「芸の肥やしになる」と
する向きがあるので、全く噂の一つもない役者は
つまらない役者だと思われがちなんです。

その意味で、勘三郎さんはきっとたくさんの女性と
お付き合いをしたと思うし、それでいて芝居の虫で、
理想的な歌舞伎役者だったと思います。

勘九郎さんも、いずれそうなっていくのでしょうか。
父親の姿を重ね合わせてみてしまいます。
posted by 黒子(ほくろ) at 00:32| Comment(0) | 幕間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。